2016年3月16日

招待講演

樋口 ゆり子、細胞製剤の体内動態の制御と評価、日本薬学会第136年会、2016.3.29、横浜

Yuriko Higuchi, Mitsuru Hashida. Cell surface modification with ligand using PEG-lipid. The 13th US-JAPAN Symposium on Drug Delivery Systems, 2015.12.16, Maui, USA.

橋田 充、レギュラトリーサイエンスの動向とセルフメディケーション、日本薬学会レギュラトリーサイエンス部会 第12回医薬品レギュラトリーサイエンスフォーラム、2015.12.8、東京

山下 富義、コンピューターサイエンスがもたらす薬剤学研究のイノベーション、第21回創剤フォーラム若手研究会、2015.11.28、東京

橋田 充、薬物投与技術の進歩と将来の医療、第25回日本医療薬学会年会、2015.11.21、横浜

橋田 充、第17改正日本薬局方と最近の薬事行政に関する話題、平成27年度日本薬局方教科担当教員会議、2015.11.7、滋賀

橋田 充、薬事行政をめぐる最近の話題、平成27年度薬剤学教科担当教員会議、2015.8.28、大阪

樋口 ゆり子、intravital imagingによる細胞機能の評価、第7回薬学の未来を考える京都シンポジウム、2015.8.29、京都

樋口 ゆり子、蛍光イメージングを利用した生きたマウスにおける細胞挙動の評価、第33回日本ヒト細胞学会学術集会、2015.8.23、宮崎

橋田 充、DDS:基礎から開発まで、第2回LUTS治療薬 薬物動態を考える会、2015.6.14、東京

樋口 ゆり子、細胞製剤の機能制御と動態解析に関する研究、日本薬剤学会第30年会、2015.5.22、長崎

山下 富義、薬物動態学的相互作用の予測を目指した多階層生体モデリング、第88回日本薬理学会年会、2015.3.18-20、名古屋

橋田 充、薬学の動向:教育から薬事まで、レギュラトリーサイエンス講演会、2015.2.21、広島

橋田 充、DDS(ドラッグデリバリーシステム)、 第5回京都コモンズ会員セミナー、2015.1.28、京都

山下 富義、CYP代謝の関わる薬物間相互作用のin silico予測、第18回創薬インフォマティクス研究会、2014.12.17、東京

樋口 ゆり子、顕微鏡を用いた生体内リアルタイム蛍光イメージング、日本DDS学会創立30周年記念シンポジウム、2014.12.16、東京

Mitsuru Hashida. Recent advances in dug delivery: Design and evaluation. Lecture at Faculty of Pharmacy, Silpakorn Univerity, 2014.12.3, Silpakorn University, Bangkok, Thailand.

Mitsuru Hashida. Recent advances in dug delivery: Design and evaluation. Pharma Tech 2014, 2014.12.1, Queen Sirikit National Convention Centre, Bangkok, Thailand.

橋田 充、薬学の動向-教育・職能・薬事から製剤開発まで、第76回九州山口薬学大会、2014.11.23、長崎

橋田 充、From Basic Research to Bio-Ventures (Startup): Japanese Perspective、第30回京都賞学生フォーラム、2014.11.14、京都

山下 富義、わかりやすい生理学的薬物速度論解析(PBPK)、立命館大学薬学部薬剤師生涯学習セミナー、2014.10.25、草津

橋田 充、糖鎖修飾DDSによる細胞特異的送達とがん治療、文部科学省・次世代がん研究シーズ戦略的育成プログラムDDSシンポジウム、2014.10.16、東京

Fumiyoshi Yamashita. Modeling and prediction of cytochrome P450 induction-mediated drug-drug interactions. The 11th France-Japan Drug Delivery System Symposium, 2014.10.5-8, Hyogo, Japan.

樋口 ゆり子、マウス体内における細胞の動態・機能の評価を目指して、第6回光塾、(独)情報通信研究機構未来ICT研究所、2014.9.7、神戸

樋口ゆり子、蛍光イメージングを利用したマウス組織内における細胞の挙動・機能の評価、第6回薬学の未来を考える京都シンポジウム「イメージングが切り開く創薬・病態研究の未来」、2014.8.2、京都

橋田 充、ターゲティング型DDSの設計と評価、第30回日本DDS学会学術集会、2014.7.30、東京

橋田 充、製剤開発の最新動向-DDS技術開発から薬事・薬局方まで-、立命館大学製剤技術研究コンソーシアム2014年度第1回研究会、2014.6.6、滋賀

Mitsuru Hashida. Advances in Targeted and Gene Delivery. The 4th International Regulatory Workshop on A to Z on Bioequivalence, Bioanalysis, Dissolution and Biosimilarity (BEW 2014), 2014.5.21, The Hungarian Academy of Sciences, Budapest, Hungary.

Mitsuru Hashida. Cell-specific Delivery of Nucleic Acid Drugs with a Combination of Glycosylated Bubble Lipoplexes and Ultrasound Exposure. Emerging Trends in Gene/Cell-based Therapeutics and Nanocarriers for Drug Delivery, 2014.4.26, Fudan University, Shanghai, China.

橋田 充、製剤開発の世界の潮流、フロイント産業株式会社 創業50周年記念講演会「創業50周年 感謝と友に」、2014.4.23、浜松

Mitsuru Hashida. Pharmaceutical Sciences 2020: Cutting Edge Technologies in Drug Delivery. The 5th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress, 2014.4.16, Melbourne Convention and Exhibition Center, Melbourne, Australia.

樋口 ゆり子、橋田 充、組織吸引固定デバイスを用いたマウス体内の一細胞イメージング、第13回日本再生医療学会総会、2014.3.4、京都

Fumiyoshi Yamashita. In silico pharmacokinetics for efficient drug discovery and development. The 12th US-Japan Symposium on Drug Delivery Systems, 2013.12.16-20, Maui, USA.

Fumiyoshi Yamashita. Utilization of machine learning techniques to pursue automatic PPK modeling. The 1st PAGJA-PAGK Joint Annual Meeting, 2013.11.28, Seoul, Korea.

樋口 ゆり子、生きたマウスにおける-細胞蛍光イメージング、第7回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2013.11.23、仙台

山下 富義、情報科学的アプローチによる薬物動態の予測、第57回日本薬学会関東支部大会、2013.10.26、東京

山下 富義、Impact and application of data mining in ADME researches、日本薬物動態学会第28回年会、2013.10.9-11、東京

樋口 ゆり子、体の中の細胞を追跡する~細胞を使った新しい治療法の開発を目指して~、日本バイオイメージング学会公開講座、2013.9.14、東京

樋口 ゆり子、生きた動物の体内における一細胞の分布・機能評価法の開発、第29回日本DDS学会学術集会、2013.7.5、京都

Fumiyoshi Yamashita. Automated information extraction and structure-activity relationship analysis of cytochrome P450 substrates. The 9th Retrometabolism Based Drug Design and Targeting Conference,2013.5.12-15, Orlando, USA.

橋田 充、The Role of FIP and Its Relation with WHO in Globalization of Traditional Medicine、日本薬学会第133年会、2013.03.29、横浜

樋口 ゆり子、細胞挙動の生体内蛍光リアルタイムイメージング、物質・デバイス領域共同研究拠点 公開シンポジウム、2013.2.25、札幌

橋田 充、DDS研究の歩みと共に、第6回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2012.11.23、京都

橋田 充、DDS製剤概論~薬物治療の最適化実現を図るDDS技術~、薬事エキスパート研修会「ナノメディシン(ナノ医薬品)によるDDSの現状と展望」 、2012.11.13、東京

樋口 ゆり子、生きた動物における蛍光リアルタイムイメージング、第2回日DDS製剤臨床応用フォーカスグループ合宿討論会、2012.10.26、箱根

Fumiyoshi Yamashita. In silico pharmacokinetics: From QSAR to PK modeling. The 10th France-Japan Drug Delivery System Symposium, 2012.10.10-13, Bordeaux, France.

Mitsuru Hashida. Smart Drug Delivery System. FIP Centennial Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences 2012, 2012.10.6, Amsterdam RAI Exhibition and Convention Centre, Amsterdam, The Netherlands.

Fumiyoshi Yamashita. Application of data mining and visualization techniques to the SAR analysis for cytochrome P450-mediated drug metabolism. The 9th China-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, 2012.9.21-25, Guilin, China.

樋口 ゆり子、光を利用した生きた動物におけるリアルタイムイメージング、第21回日本バイオイメージング学会学術集会、2012.8.27、京都

樋口 ゆり子、細胞挙動の生体内蛍光リアルタイムイメージング、日本薬剤学会第27年会、2012.5.25、神戸

Mitsuru Hashida. New Drug Delivery Systems. The 3rd International Regulatory Workshop on A to Z on Bioequivalence, Bioanalysis, Dissolution and Biosimilarity, 2012. 6. 6, The Hungarian Academy of Sciences, Budapest, Hungary.

橋田 充、薬物治療とドラッグデリバリーシステム、薬工連携セミナー、2012.6.1、 滋賀

Fumiyoshi Yamashita. Closing the gap between in vitro and in vivo data in BA/BE studies. Bioavailability and Bioequivalence: The Language of Drug Product Quality, 2012.5.12, Hong Kong.

Mitsuru Hashida. Cell-specific delivery of nucleic acid drugs with a combination of glycosylated bubble lipoplexes and ultrasound exposure. CLS-iCeMS Joint Symposium: “Crossing Boundaries: Stem Cells, Materials, Mesoscopic Sciences, and Beyond” , 2012. 4.21, Peking University/Tsinghua University, Peking, China.

Yuriko Higuchi. Visualizing dynamics of cells in living animal, Japan-France Frontiers of Engineering (JFFoE). 日仏先端工学シンポジウム、2012.2.25-28, Kyoto, Japan.

橋田 充、Future prospect of DDS and imaging technology、薬物動態国際シンポジウム「Past, Present and Future of Molecular Pharmacokinetics; Integration of Basic Science, Drug Development and Regulation」、2012.1.16-18、東京

Yuriko Higuchi, Mitsuru Hashida. In vivo dynamic visualization of transplanted mesenchymal stem cells in mice. The 11th US-JAPAN Symposium on Drug Delivery Systems, 2011.12.17, Maui, USA.

樋口 ゆり子、生きたマウスにおける細胞・分子の光イメージング、第12回高次系分子化学ミニシンポジウム、2011.10.26、名古屋

Mitsuru Hashida. Nanotechnology for Health. The Eighth Annual Meeting of the Science and Technology in Society (STS) forum, 2011.10.3, Kyoto, Japan.

樋口 ゆり子、遺伝子・細胞治療法の確立を目指した生きたマウスの中の細胞・分子挙動の可視化、産業技術総合研究所健康工学研究部門講演会、2011.9.28、大阪

Mitsuru Hashida. New technologies impacting drug discovery. World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences 2011, 2011.9.6, Hyderabad International Convention Centre, Hyderabad, India

樋口 ゆり子、in vivo蛍光イメージングによる幹細胞の体内挙動の可視化、第20回日本バイオイメ-ジング学会学術集会、2011.9.1、北海道

Mitsuru Hashida. Cell-specific delivery of nucleic acid drugs with a combination of glycosylated bubble lipoplexes and ultrasound exposure. The 38th Annual Meeting and Exposition of the Controlled Release Society, 2011.8.3, The Gaylord National Resort and Conventional Center, Washington, D.C., USA.

山下 富義、薬物動態特性のin silico予測と情報可視化技術、ゲノム創薬フォーラム第29回談話会、2011.7.22、東京

橋田 充、薬学教育の在り方に関する日本学術会議の提言、日本薬剤学会第26年会、2011.5.31、東京

Fumiyoshi Yamashita. Data mining and visualization techniques for ADME screening. 2011 Spring International Convention of The Pharmaceutical Society of Korea, 2011.4.21-22, Busan, South Korea.